2009年08月18日

地の利を活かす

ご存知の通り、
埼玉スタジアムはサッカー専用スタジアムである。

選手と観客の距離が近い。

これは、
横浜にある行政ハコモノなどとは比べ物にならない。

現実問題として、
私が定位置としているゴール裏の最前列は、
近くにいる選手まで確実に声が届く。
それくらいの距離感なのだ。

私は以前よりは声量が落ちてはいるが、
それでも一般の人よりは声がデカイ。

私のようなサポーターが前列を占めれば、
浦和の選手たちに
熱い気持ちをそのまま伝えることが出来るだろう。

サポートというものは、
一つのパターンだけでは面白味がない。
デカ旗やビジュアル的なパフォーマンスも有効だし、
北の「中心」のような
統率のとれた集団的な動きも欠かせない。

個人的には、
さらに前列からの「威圧感」を加えたい。
そんな考えで
南・緩衝地帯寄りの最前列に陣取っている。

浦和の選手を励まし、讃え、
相手の選手には強烈な圧力をかける。
そんな役割を果たしたい。

地の利を活かせれば幸いだ。
posted by カズボー at 16:00| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125930664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。