2013年01月15日

秋春制は無理だという話

私はJリーグの秋春制移行について賛成だが、
昨日のインターネットでは
反対だという意見が目立っていた。

彼らの言い分は、
大まかに違いはなく、以下のようなものだ。

東京に雪が降る
   ↓
高校サッカーが中止
   ↓
秋春制は無理


この凄過ぎるロジックには閉口した。
(^_^)

このブログでは何度も書いていることだが、
実際に出来るか否かを決めるのなら、
オープンに具体的な問題点について
一つ一つ議論していけば良いと思うのだが、
反対派の人たちは、なぜか結論だけを急ぐ。

私には
とても不思議なことに映る。

日本の冬は、一部の温暖な地域を除いて、雪が降ることがある。
こうした気候については大概の人が理解していると思う。

当然だが、
東京も年に何度か雪が降る。

でも、
5センチを超える積雪なんて滅多にない。

つまり、
昨日は例外的なことが起きたのである。

また、
前日の天気予報では
積雪について「恐れは小さい」としていたことから
誰も雪に対する対策をしていなかった。

昔から
東京の交通機関は雪などの荒天に弱いという現実もある。

だから、
高校サッカーの決勝戦を中止にしたのは
賢明かつ妥当な判断だったと思う。

実際に、お手上げの状況だったのだから、仕方がない。

要するに、
想定していなかった可能性の低い出来事が
不意に起こってしまった。

言うまでもないが、
こういうことは頻繁に起きる訳ではない。

ところが、
秋春制は無理という結論に至ってしまう人たちがいる。

ちょっと驚いてしまう。

例えば、
次の週末がサッカーが出来る気候になったとしたら、
彼らは「やっぱり秋春制は大丈夫」と思うだろうか。

おそらく、
沈黙するだけなんだろうね。

最初から頑なに決めつけた結論があるだけだから…。

この冬に限定すれば、
関東地方でサッカーの試合が出来ないような気候の日は、
昨日だけだったと思う。

posted by カズボー at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 秋春制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京では例外的かも知れませんが、その他の日常的に雪が降る地域の事は無視ですか?試合日だけの話ではなく、練習場の問題もあるんですよ。Jのクラブがある降雪地域に1週間でもいいですから住んでみては如何ですか。
Posted by ぴ at 2013年01月15日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。