2013年01月20日

秋春制の話は続く

先日、
秋春制は無理だという話 を書いたところ、
以下のようなコメントをいただいた。

> 東​京​で​は​例​外​的​か​も​知​れ​ま​せ​ん​が​、​
> そ​の​他​の​日​常​的​に​雪​が​降​る​地​域​の​事​は​無​視​で​す​か​?​
> 試​合​日​だ​け​の​話​で​は​な​く​、​
> 練​習​場​の​問​題​も​あ​る​ん​で​す​よ​。​
> J​の​ク​ラ​ブ​が​あ​る​降​雪​地​域​に​
> 1​週​間​で​も​い​い​で​す​か​ら​住​ん​で​み​て​は​如​何​で​す​か​。


「ぴ」さん、
期待通りのレスポンス、ありがとうございます。
(^_^)

私は秋春制移行に賛成という立場で、
なおかつ可能なことであるとして
自分が住んでいるエリアの現実について書きました。
これは雪が降る地域を無視している訳ではなく、
分からないことを無責任に書くことを控えているだけです。

一つの主張として、
私はサッカーは冬に適したスポーツだと考えています。

選手たちは、
夏より冬のほうが良いコンディションを維持できるし、
プレーの質も向上すると思っています。

そんな時期にシーズンが終わっている。

この不自然さに合点がいきません。

日本という国には
かなりの気候的な地域差があり、交通事情なども異なります。

ところが、
反対派という人たちからは具体的な話が一切出てこない。

これは、とても不思議なことです。

この議論では、
いたずらに「降雪地域」などという曖昧な表現が使われます。

雪が降る地域は、かなり広域です。

第一の問題点は、
Jリーグの試合が出来るか否かだと思います。

大まかに関東地方のクラブは、
先週の国立のように何年かに1度のハプニングは避けられませんが、
12月も1月も試合日程は組めるでしょう。

ほかにも同様な地域があるはずです。

では、具体的に「降雪地域」とはどこなのか。

それを知る作業が必要になります。

簡単な話ですが、
各クラブがホームスタジアムの気候について
客観的なデータを公表すれば良いのです。

各スタジアムには、
どれくらいの雪が降って、積もるのか。
サッカーの試合が出来ない日は、どの時期に何日あるのか。
アクセスに影響する鉄道・道路などのトラブルは何回発生したか。

過去5年のデータがあれば、
具体的な「降雪地域」が特定されるはずです。

それほど難しいことではないと思います。
posted by カズボー at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 秋春制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本に住んでるのに降雪地域が分からないんですか?天気予報見てます?
参考までに、現在の積雪の深さです。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/snc_rct/alltable/snc00.html#a11
積雪が少なくても雪は降ります。

選手のコンディションについてのみ言及されてますが、天候によるピッチの状態や集客についてはどうお考えですか?
いくら選手のコンディションが良くても、ピッチの状態が悪ければ良い試合にはなりにくいですよね。気温、ピッチの状態で怪我のリスクも高くなります。
氷点下近くの気温の屋外での観戦が集客につながると思いますか。

様々な事を検証しなければいけないのに、具体的な問題点を理解できていないのは賛成派の方だと思いますよ。関東地方だと可能だから問題ないなんて、大人の考えだとは思えません。
Posted by ぴ at 2013年01月20日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314387178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。