2012年09月25日

規制ロープ

このブログは、
南ゴール裏を定位置とする私が書いているため、
他のエリアの人には分かりにくいことが多いらしい。

そこで「解説」というカテゴリーを新設した。

規制ロープとは、
とても意味不明な存在である。

P8180915.JPG

写真のように
緩衝地帯の柵の手前にロープが張られ、
立ち入りが規制される。

多くの場合、
緩衝地帯寄りのブロックは
片側の通路(階段)が使えなくなってしまう。

そして、
入場者数が多い試合では、
このロープを移動させて使用できる座席数を増やすのだが、
そのタイミングが、
早くてキックオフの直前で、
ハーフタイムになることもある。

過去の事例として
試合中という酷いケースも何度かあった。

最初からロープを張らなければ
こうしたドタバタは起こらないはずである。

私は、
何年も前から改善を求め続けている。



posted by カズボー at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。