2010年05月19日

宮城スタジアム

私が宮城スタジアムを訪れるのは
今回が2度目だが、
2002年以来なので
以前の記憶は、かなり曖昧だったりする。



どこに並べは良いのか、
どうやって入場するか、
まるで要領を得ない、そんな状況だった。

IMGP0770.JPG

実際、スタジアムに着いても何も案内がなく、
係員も見当たらない。
どちらの方向に待機列が続いているのかも分からない。

知り合いを見つけて確認し、
列を辿って行くと
「最後尾」という看板を地面に置いた係員を発見!

ちゃんと掲げてくれないと意味がないのだが、
彼の人畜無害な笑顔を見ると、
まともに文句を言うのも馬鹿馬鹿しくなった。

IMGP0771.JPG

開門後、入場は割りとスムースだった。

手荷物検査は何もなし。

私たちはゴール裏のややメイン寄り
3列目を確保した。

ここは陸上トラックがあるため、
スタンドからピッチまでは一定の距離がある。

IMGP0777.JPG

イスは簡易なもので丈夫な構造ではない。
私の体格だと、
気を遣って座らないと壊してしまいそうな代物。

ヘビー級の人は、要注意だ。

ドリンクホルダーはない。

IMGP0779.JPG

キックオフが近づくとチアリーダーが登場し、
ほぼ無人のメインスタンドに向けてパフォーマンス。

我々の感覚では、
標高3000メートル、氷点下10度というところ。

サッカーの試合に、こうしたサービスが必要なのか。
いつも疑問に思ってしまう。

IMGP0783.JPG

何の根拠にも基づかないが、
仙台のサポーターは「熱い」という印象がある。

単に個人的な主観だが、
反対側のゴール裏は、意外に少なかった。

この日は49,133人収容可能なスタジアムに
たったの24,162人しか入らなかった。

IMGP0786.JPG

売店は、どこかにあったのかも知れないが、
私はスタジアム内で何も買わなかった。

トイレは、
すぐに列が出来てしまう程度の数しかなく、
あまり便利とは言えない。

欧州サッカースタジアムガイド (エイ文庫)

欧州サッカースタジアムガイド (エイ文庫)

  • 作者: 野辺 優子
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2006/01/10
  • メディア: 文庫


posted by カズボー at 18:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | A)宮城スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ホテルパーク仙台U

Jリーグ・ベガルタ仙台戦のサポート遠征で
宿泊に利用したのは、
仙台駅から徒歩で10分足らずの
ホテルパーク仙台U 。



毎度のことだが、
浦和レッズのサポート遠征の際に
私が求めることは、単に宿泊出来ること。

どうせ試合の後には仲間と飲みに行き、
その後、寝るために戻るだけだから、
基本的には
部屋にベッドと風呂・トイレがあれば良い。

そして、
テレビと冷蔵庫があれば満足だ。

このホテル、アクセスは上々だが、
スペース的には、やや窮屈な感は否めない。
清掃はされているが
ピカピカの綺麗さがある訳でもない。

しかし、
必要なサービスは整っているし、
料金を考えれば、妥当な環境だと思う。

より上質なホテルを希望するなら
それなりの宿泊先を選択すれば良い。

私としては、何も文句はない。
(^-^)v


ホテル・カリフォルニア

ホテル・カリフォルニア

  • アーティスト: イーグルス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/12/21
  • メディア: CD


posted by カズボー at 16:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | A)宮城スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なごみだいにんぐ 飛梅

仙台戦の終了後、
私たちはシャトルバスとJRを乗り継いで
仙台駅に近いビジネスホテルに移動。

ここに荷物を置き、
着替えてから再集合し、飲み会へ。

しかし、
大通り沿いの居酒屋は、どこも満席。

赤い軍団の動きは早かった。

仕方なく、アーケード街に入るが、
ここにも WE ARE REDS な人々が集結していた。

我々は彷徨い続け、
やっと辿り着いたのが「飛梅」クロスロード店だった。


正直なところ、
チェーン系の居酒屋以外なら
どこでも良い気分になっていたのだが、
ここは大当たりだった。



店内は落ち着いた雰囲気で、
なぜか混み合っていなかった。

メニューを見ると、
質の高い日本酒が揃っていて、
東京辺りの同クラスの店と比べると
かなり抑え目の料金設定だった。

勿論、料理も旨かった。

思えば、
仙台=牛タンという短絡的発想に囚われ、
そればかりが頭の中にあったりしたが、
寛いでいる間に
いつの間にか忘れてしまった。

仮に来季も仙台との対戦があるのなら、
もう一度訪れてもいい気がする。

仙台名産 手のひら蒲鉾 詰合せ T−30a

仙台名産 手のひら蒲鉾 詰合せ T−30a

  • 出版社/メーカー: 株式会社 佐々直
  • メディア: その他




仙台 鮮魚酒粕仕込み 旬海漬 旬−80a

仙台 鮮魚酒粕仕込み 旬海漬 旬−80a

  • 出版社/メーカー: 株式会社 旬海堂
  • メディア: その他




仙台名物 ゆべし詰合せ 15ヶ入

仙台名物 ゆべし詰合せ 15ヶ入

  • 出版社/メーカー: 御菓子老舗ひろせ
  • メディア: その他


posted by カズボー at 14:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | A)宮城スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

試合後、仙台までの移動

今回の遠征は、
仙台市内までマイカー移動し、
当日、宿泊するホテルの駐車場に車を置いて、
仲間の知人の車に合流させていただき
スタジアム入りした。

試合後は、
利府駅までのシャトルバスを利用した。

仙台駅までのシャトルバスもあるが、
交通事情を考え、
利府駅への便に決めた。

バス代は230円。

8年前に来た時は、
もう少し時間がかかったような気がするが、
割とスムースな運行だった。

そして、利府駅からはJRを利用。

電車賃は230円。

ちなみに
この電車は降りる際に自分でボタンを押さないと
ドアが開かないタイプだった。

都市部に住む者には不慣れだが、
物珍しくもあった。

仙台名物 ずんだ饅頭 9ケ入

仙台名物 ずんだ饅頭 9ケ入

  • 出版社/メーカー: 御菓子老舗ひろせ
  • メディア: その他




仙台麩(あぶら麩)

仙台麩(あぶら麩)

  • 出版社/メーカー: 山形屋商店
  • メディア: その他


posted by カズボー at 20:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | A)宮城スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台 マイカー遠征経費

今回の仙台遠征は、
私とカミサン、仲間2人の4人で
マイカー移動した。

今後、高速道路の料金については
改定される可能性が高いが、
参考までにレポートしておく。

高速料金は
ETC利用で片道1600円(往復3200円)。

ガソリン代は、
正確にチェックはしなかったが、
かなり大雑把な計算で、約6500円。

駐車場の料金は、900円。

合計すると、10600円。

単純に4人で割ると、各自2650円になる。

他の交通機関に比べると
かなり格安で「お得」感がある。

ドライバーは大変だけどね。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-R3

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-R3

  • 出版社/メーカー: ユピテル(YUPITERU)
  • メディア: Automotive




ケイヨウ(KEIYO) ドライブレコーダー AN-R001

ケイヨウ(KEIYO) ドライブレコーダー AN-R001

  • 出版社/メーカー: ケイヨウ(KEIYO)
  • メディア: Automotive


posted by カズボー at 19:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | A)宮城スタジアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。