2011年12月27日

堀は来季ヘッドコーチ

[日刊スポーツ]

浦和は25日、
市内のクラブハウスで解散式を行った。
15位と低迷し、
ペトロビッチ新監督決定まで
二転三転するなど迷走の1年だった。
ペトロビッチ前監督の電撃解任を受け、
指揮を執ることになり、
J1残留を決めた堀孝史監督は、
来季ヘッドコーチ就任が決定した。
1月20日に新チームは始動し、
下旬に宮崎で1次キャンプを行う。
2月中旬には鹿児島で2次キャンプを張り、
3月10日のJ開幕に備える予定だ。

来季は、
今季終盤のコーチ陣に
新監督の側近が乗っかるという形になるようだ。

バカ社長の発想は、
新監督で勝てない場合は、今季より早めに解任して、
再び堀に縋れば
社長としての保身だけは図れるというところだろう。

あとは、
クビの斬りやすい外様のGMを補充する。

これで頭の悪いサポーターを騙せる。

そう思っているのだろう。


posted by カズボー at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年・浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来季は1月20日始動

[埼玉新聞]

今季の全日程を終了した浦和は25日、
大原サッカー場で、
今シーズン最後のミーティングを実施。
橋本代表や堀監督、外国人選手を除く選手が集まり、
一年の労をねぎらった。
チームは26日からオフに入り、
来季は来年1月20日に始動する。

ちなみに、
クラブオフィスは、
選手より早く25日から休みに入っている。

こちらの始動は5日だが、
まさか
強化部まで本気で休んでいたりはしないよね。
(-з-)


posted by カズボー at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年・浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

堀之内 未定のまま

[日刊スポーツ]

浦和は25日、
市内のクラブハウスで解散式を行った。
今季限りでの退団が決定し、
他クラブ移籍を希望しているDF堀之内聖は
仲間に胴上げされ
「(胴上げは)初めて。
優勝してもチャンスはないのにありがたい。
オファーはないのですが、
体を動かしながらギリギリまで悩もうと思います。
ダメなら実家の靴屋かな?
中華料理店経営のオファーは来ているんですが…」と
吉報を待つ。

堀之内は、他クラブでプレー出来るのか?

おそらく無理だと思う。

では、なぜ「次」を決めないのだろうか。

推測だが、
多くのOBと同様に
いわゆる「フロント入り」を嫌っているのではないか。

そんな気がする。

クラブに残ったところで、
現行の組織の中では何も仕事が出来ない。

いろいろな選択があって良いと思う。


posted by カズボー at 15:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年・浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マゾーラ 契約終了

[スポーツ報知]

浦和は25日、
期限付き移籍していた
ブラジル人FWマゾーラの契約が終了し、
サンパウロ(ブラジル)に復帰すると発表した。

何となく浦和にやってきた印象のあるマゾーラだが、
妙に憎めないキャラクターだった。

そんな彼が、こんなコメントを残している。

> チームとしても中々結果を出す事が出来ず、
> 本当に難しい状況の中で
> シーズンを終わらせる形となってしまいました、
> そんな中でも
> サポーターは、根気強く僕らの名前を叫んでくれて、
> 諦めずに
> 僕らに大きな力と愛を届けてくれた事を一生忘れません。

> このチームの最高の宝はサポーターです、
> この目で見た景色は一生忘れません。

> これからは、ブラジルに帰りますが、
> 日本にまた来るチャンスがあれば、
> 必ず僕が愛したこの街、
> 「浦和」にまた来たいと思います

浦和に在籍した選手たちは、
国籍を問わず、
皆、チームと街とサポーターを愛してくれる。

とても嬉しいことだと思う。

しかし、
現在の社長は、
チームに対しても、街に対しても、サポーターに対しても、
愛情の欠片も感じさせない。

この現実が、悲しい。


posted by カズボー at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年・浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高崎 甲府へ完全移籍

[スポニチ]

浦和のFW高崎が
来季J2に降格する甲府に
完全移籍することが分かった。
09年にJ2水戸に期限付き移籍し、
46試合19得点。
今季は15試合2得点に終わったが、
1メートル88の長身ながら
DFの裏に抜け出すプレーには定評があり、
J2の6チームから獲得のオファーや打診を受けていた。

今季の試合日程が終了したことで、
来季に向けたチーム編成がはじまった。

ところで、
こうした仕事の責任者は、誰?

GM代行…?

相変わらずクラブの本気度が見えてこない。

高崎は、
やはり出場機会のあるチームに移ったほうが良いと思う。


posted by カズボー at 10:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年・浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。